アートの余韻

最近の若い子はイベントに行った後、一週間も二週間もツイッターで感想を追いかけながら「余韻がヤバい」とかって言ってるらしいですよ。

パーティークリエイターのアフロマンスさんから聞いた事を、社内で先輩に受け売りですがと話していたら、そこから派生しつつ「アートの余韻」という単発番組が生まれたのでした。

自分は社会人2年目くらいの時に初めて現代アートを見て、以降、うんちくが好きな自分にとってはちょっと珍しく、休みにはノーリーズンで現代アートを観に行くのがまさに趣味だったりするのですが、

こう、言語や理屈ではない経路でのインプットというものが、身体の中に養分のように蓄えられる感じ、それは人によっては一人キャンプだったり、葉山の方とかちょっと遠くに住むことなのかもしれないけど、そういうニーズってネット時代のカウンターとして増えつつあるのかなと、たまに思ったりします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中