リビングのソファでうつむきで寝ていると、
飼い猫がしっぽで僕のふくらはぎをファサファサとなぜる。

ん、目を開けると、4時55分。
おお、まだ間に合うかもしれないとテレビをつけると、
1ー1で延長前半だった。

小2からサッカーを11年間やっていた事もあり
見た瞬間に勘がはたらく
ああ、これは最初から見とくべきやつだったと、、

若干の後悔をやり過ごしながら
なかなかに一瞬も目が離せない試合を見守る
クロアチアが勝ちそうな雰囲気

後半、バックヘッドのアシストからゴール
偶然のようにも見えるけど、執念で手繰り寄せた決勝点という感じだった

さてそんなワールドカップの思い出を
忘れないように書き込んでおきつつ

解説の松木安太郎さんが
「モドリッチ、いい戻りっち」
をリアルタイムで聞けたのも良かったなと

しかしツイッターを見てみると
意外と否定コメントも多く

まあ確かに解説は好き好きだよなと思うと
そもそもスポーツの実況解説の多様性というニーズがあるのかもしれない

たぶんそれはテレビ局じゃなくてサードパーティーでも良くて
音声チャットサービスみたいなので
自分も参加できたりしてもいいのかもしれない

そんな事を考えながらシャワーを浴びてコーヒーを飲んで出社した