ニュースサイト「ホウドウキョク」にて、ホウドウ=HOUDOU 学校=SCHOOLということで、H.SCHOOLという企画を4月から始めました。

この企画の裏コンセプトは「永遠の中学2年生」。いつまでも中2病のまま世の中の真理を追求したい、そんな気持ちで取り組んでいます。

今回は初のトークイベント形式という事で、渋谷スクランブル交差点からほど近いPLUGというライブハウスにて。

人はなぜ祭りを求めるのでしょう? トークの中でアフロマンスさんが「日常は理屈で出来ている」祭りは「理屈からの解放」と説明していた部分が、一番腑に落ちました。

どこかで聞いた言葉、真理はいつの間にか「公然の秘密」になってしまう。実はみんな知っている本当のこと。それを体現するのが「祭り」なんでしょう。

一応、演出・プロデュース、自分、だったので、最後に何かをしゃべりました。

IMG_4402

ホウドウキョクというプロジェクトに後から参加させてもらってるんですが、報道をホウドウと読み替えた事にすべてのコンセプトが凝縮されていて、ああ、あれもこれもホウドウだったんだ、人はなぜ祭りを求めるのか?というテーマでディスカッションすることも、ホウドウなんだ、というような事が出来たらいいなとイメージしていて、トークイベントを実施してみたのでした。